本文へスキップ

重慶日本クラブは重慶市の日系企業と日本人の為の親睦団体です。

サイトマップ |  重慶市ロゴ

最終更新日:2018/06/04

ご挨拶(名誉会長・会長)

名誉会長 小松 道彦
在重慶日本国総領事館 総領事 2018年06月04日

皆様、こんにちは。

重慶も夏に向けてだいぶ暑くなってきました。昨年9月に着任した私にとって、当地の夏を体験するのは初めてですが、重慶は武漢、南京と並び中国の「三大かまど」と呼ばれるほど蒸し暑いと聞き及んでおり、少々不安を覚えているところです。

前回のご挨拶の中でも若干触れましたが、重慶生活に慣れてくるに伴い、重慶の特徴である「三大美」(美景、美食、美女)や人々の純朴さの魅力に、ますます惹かれています。当地から日本への旅行者数は安定して増えており、日本ファンの裾野が着実に拡大している状況は嬉しい限りです。一方で、是非、多くの日本の皆様にもこの重慶の魅力を知ってもらい、観光やビジネスを通じて相互交流がより深まればと願っています。

皆様お気づきのとおり、昨今の日中関係は急速に明るい兆しが見えつつあります。昨年11月、ベトナムで開催されたAPEC(アジア太平洋経済協力会議)で安倍首相と習近平中国国家主席との会談が実現したのに続き、本年5月には東京で開催された日中韓サミットの機会に、安倍首相と李国強中国国務院総理との会談も行われました。中国で仕事をする私たちにとって、この上ない追い風と言えます。

奇しくも今年は、日中平和友好条約40周年、当館開設20周年という節目の年にあたることから、当館としましては積極的に文化交流活動を展開しているところです。既にこれまで、日本語作文発表大会、重慶マラソン、日中友好野球大会、渝恰会などの活動において、重慶日本クラブ役員及び会員の皆様には様々な形でご協力いただいておりますが、今後とも在留邦人社会が一体となっての日中交流活動を進展できればと願っております。

5月の総会を経て、新たな役員体制で重慶日本クラブの新年度がスタートしました。私としましても、心機一転、在留邦人の皆様とともに、重慶での仕事や生活が更に充実したものとなるよう、心がけていく所存です。今後とも宜しくお願いいたします。


会長 原 和生
慶鈴五十鈴(重慶)汽車銷售服務有限公司 総経理 2018年06月04日

会員の皆様におかれましては、ご健勝のこととお慶び申し上げます。私は本年4月より、重慶日本クラブ会長を拝命いたしました、慶鈴五十鈴(重慶)汽車銷售服務有限公司総経理の原和生と申します。今後どうぞよろしくお願いいたします。

私は昨年6月に重慶に赴任し、丸一年が経過いたしました。これまで東南アジア各国での駐在経験はありますが、中国は仕事での関わりも含め全く初めてで、日々戸惑いの毎日ですが、生活面ではすっかり慣れて、それなりに重慶ライフを楽しんでおります。

さて、重慶日本クラブは会員の円滑な商工業活動等を促進し、日中経済交流・日中友好の発展に資すると共に、会員相互の親睦交流を図る事を目的に、活動を展開しております。

昨今、目まぐるしく変化している世界情勢、特に当地中国や北朝鮮の時々刻々での変化は、これまでの常識では計り知ることが出来ないものであり、我々は相互に連携しながら、そのリスクに備える必要が増しております。

重慶日本クラブは、従来にも増して小松総領事・日本総領事館スタッフとの関係を強化し、会員への各種情報提供を行なっていくと同時に、会員相互の親睦交流が更に拡大・発展する基盤つくりに寄与できるよう、活動を充実させてまいりたいと考えております。

本年度重点取組活動としましては、
  ①各種団体との情報交換/共同イベントの推進:
   市政府機関/公共団体、在重慶日本国総領事館/日系機関
  ②重慶生活情報の提供:
   生活/医療/安全/環境等の情報収集、ホームページでの公開、メルマガ配信
  ③会員相互の親睦行事の開催:
   分科会活動/スポーツ行事/年末懇親会などの、各種イベント企画と運営

以上のような活動に関しましては、本年度も安全対策委員会、文化交流委員会、総務渉外委員会の3つの委員会を軸に展開してまいりたいと存じます。各委員会の詳細な活動内容については、重慶日本クラブのホームページをご覧いただき、ご確認下さい。

また、このような活動をしてほしい、といった会員各位のご要望やご提案も歓迎いたします。お気軽に情報をお寄せいただければ幸いです。

ボランティア団体として、会員各位と「共に歩み」「共に創る」重慶日本クラブは、皆さんの重慶生活が「“さらに豊かに”“さらに楽しく”なるためには何が必要か?」を、共に考え、共に成長し続けることを誓います。

最後になりますが、役員一同、より一層の努力を重ね、重慶日本クラブを盛り上げていく所存ですので、引き続きご支援ご厚情を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

サブメニュースペース