本文へスキップ

重慶日本クラブは重慶市の日系企業と日本人の為の親睦団体です。

サイトマップ |  重慶市ロゴ

最終更新日:2013/11/10

重慶交通指南

重慶は山と川に挟まれた特殊な地形ですので、交通機関を如何に乗りこなせるかで、出張・生活の利便性が格段に変化します。ここでは重慶における交通機関の利用方法についてご紹介します。

尚、モノレール・橋などは急速に延長が進んでおりますので、情報が古い・お気づきの点などございましたら、頁右上の「ご意見・お問合せ」にてご連絡ください。(文中の写真はクリックすれば拡大表示します)

1.基礎知識

●地下鉄・モノレール(中国語:軽軌)が4本開通済、市内バス路線も充実していることから、市中心部の主要な場所へは軽軌・バスのみでも移動可能。

重慶畅通卡
【畅通卡】

●重慶版交通カード【畅通卡(Chang Tong Ka)】が軽軌・都市部主要路線バス等にて使用可。同カードがあれば中国語が出来なくともバス・軽軌での移動可能。主に地下鉄・モノレール駅の有人チケット販売所で販売。チャージは有人チケット販売所の他、一部駅では自動販売機でも可。タクシーへの導入中乍ら、現時点では殆ど利用無し。

●通勤時間帯は長江・嘉陵江を渡る橋での渋滞多いことから、自動車・バス利用の場合、余裕を持った移動が必要。

●重慶は山の多い地形であることから、地図を見る場合は立体面も考慮が必要(平面地図上では隣接する道路であっても、大きな高低差あることも少なからず)。

2.飛行機

●国際線はターミナル1、国内線はターミナル2を利用(ターミナル1と2は徒歩で移動した場合20分程度、30分に1本無料バス有り)。

●ターミナル2にはAとBがあり、飛行会社により乗り場が異なる為、事前に確認要(AとBは徒歩で移動した場合、10分程度)。 また、到着時、ゲートによっては出口がAとBで分岐する場合あり、要注意(違う方向で出るとチェックイン荷物が受け取れず)。

●上海ワンストップ成田直行便(CA/NH共同運航)はターミナル1を利用。但し出入国審査は上海にて実施。尚、上海⇔重慶間は 実質国内便扱いにつき、デューティーフリーでの購入時は要注意(酒類は上海乗継時に没収される可能性極めて大)。 チェックイン荷物は国内線基準の重量まで可。

●ターミナル1にはレストラン・ショップが極めて少ない為、土産物などは事前購入がお勧め。

●ターミナル2に軽軌3号の空港駅が接続、市中心部まで約1時間程度。

●タクシー利用の場合は市中心部まで30~40分程度、エアポートバス利用の場合は1時間程度(何れも渋滞無しの場合)。

3.地下鉄・モノレール

●現在、1号、2号、3号、6号が全線・部分開通済。

●1号は赤、2号は白+緑、3号は青、6号はピンクが基本カラー(特殊ペインティングの例外車両有り)

モノレール1
【モノレール1】
モノレール2
【モノレール2】
改札口
【改札口】
券売機
【券売機】
案内
【案内標識】

●「畅通卡」があれば入退場ともに【改札口】でかざすのみ。切符購入の場合は入場時には改札にかざし、退場時には改札口の投入口に投入。切符は自販機の【券売機】又は窓口で購入。

●尚、2号線の「黄花園~仏図関」間は嘉陵江沿いを走る為、非常に景色良し。また李子坝駅は駅舎がビルの中にあり、観光として乗ってみることもお勧め。

4.タクシー

taxi
【スズキのタクシー】

●重慶市中心部は大半が長安鈴木SX4の黄色のタクシー(郊外は異なる場合もあり)。

●初乗り10元[11元]、3Km超より0.5Km毎に1.0元[1.15元]([]は夜間(22:00~6:00)、距離時間制ながら時間勘案しない場合)。 メーターには角単位で表示されるが、夜間料金の場合は実際の支払は1元単位四捨五入(19.3元ならば19元、19.6元ならば20元)するケース多し。

●トランクにガスタンクが搭載されていることから大型荷物は入らない為、前部座席等を利用する必要有り。

●空港から渝中区中心部への概ねの目安は40~60元程度。但しタクシーが捕まり難い時間帯の場合、市中心部から空港行は100元を 要求されることも少なからずあり。

●夕方4時前後は運転手交替時間につき極めて確保困難。またタクシーの少ない時間帯・状況では相乗り多し。相乗りの場合、料金は概ねの金額で支払い。

●解放碑・観音橋・沙坪バ等の中心的エリアにはタクシー乗り場あり(但し明確な目印は無し)、並べば確実に乗車可。但し夜間や雨天は長時間待つ場合有り。

●行き先は道路名では通じないケース多く、具体的な地名、ランドマーク的建物名を告げるのが重慶では一般的。

●重慶語しか通じない運転手もあることから、中国語が堪能でない場合は地名を書いた紙を用意するの方が無難。尚、地図が読めない運転手多く、 地図を見せても判らないことが多い。

●他に白タク、バイクタクシー多く、他都市に比べれば価格もリーズナブル(目安タクシーの1.2~1.5倍程度)ながら、乗車は自己責任で。

5.バス

taxi
【バスターミナル】

●主要エリアに非常に多くのバス路線あり。路線番号割り振りに統一ルールは無し。

●基本は前方より乗車、後方より下車。但し地元の人は守ってないケース多い為、それほど気にする必要なし。

●往路と復路でルートが異なる路線があるため、乗車前に路線確認をした方が無難。

●停留所名は、道路名ではなく地名やランドマーク的建築物名となっていることが多い。

taxi
【交通カードタッチ方式】
taxi
【市内路線バス】

●市内近距離は空調あり2元、空調無し1元。基本的には前方乗車口近くの料金箱に料金投入、若しくは交通カードをかざすのみで可。

●バス・軽軌と乗り継ぎの場合は割引有りお得。

●最新型から旧型まで混在しているが、旧型の場合、坂道で自転車並の速度になるなど予想以上に時間を要することがあるため要注意。

●郊外への主要都市へは市内バスターミナルより長距離バスに乗車。

●郊外と市中心部を結ぶバスでは、市中心部を「重慶」と表記する場合あり、「重慶」の何処なのか発着場所は要事前確認。

6.長距離列車

taxi
【重慶北駅】

●主に使用されるのは重慶駅、重慶北駅の2駅。

●成都へは重慶北駅から動車開通済(高鉄は2015年頃開通予定)、約2~2.5時間。

●重慶駅は軽軌1号線・3号線両路口駅、重慶北駅は軽軌3号線重慶北駅にて乗り換え可(但し両路口駅は長距離エスカレータでの移動が必要、料金2元)。

●現状、成都方面以外への新幹線路線無し(2020年迄には主要都市と高鉄が開通を予定)。従って、成都以外は飛行機を利用するのが一般的。

●重慶北駅は地下にタクシー乗り場あり。

*更新情報などございましたらお寄せください。

サブメニュースペース