重慶市開発区情報【重慶両江新区】

1.重慶両江新区概要

重慶両江新区は、内陸部の成長を牽引すべく、上海浦東新区、天津濱海新区に続き、2010年6月に内陸部として初の国家級開発区の認定を受けました。面積は、約1,200k㎡(≒札幌市)、人口は約235万人(2015年現在)です。

この重慶両江新区の中に、夫々の機能をもった区画を指定しています。

●重慶北部新区(都市機能区画)
●両路寸灘保税港区(保税港区)
●江北嘴中央商務区(ビジネスセンター)
●悦来会展新城(現代サービスビジネスセンター)
●両江新区工業開発区(魚復工業園、龍興工業園、水土高新園)

魚復工業園、龍興工業園、水土高新園の3つの工業開発区はそれぞれ下図のような特色を持っています。

2.重慶両江新区のポテンシャル

重慶市の二大支柱産業は、自動車産業と電子機器産業です。年間製造台数(2016年実績)は自動車約316万台、ノートPC約5800万台にのぼります。

又、重慶市は一人当たりGDPの急成長に併せて小売業が躍進しています。食品、衣料、日用品、化粧品の市場が拡大中です。日系コンビニエンスストアも100店舗以上が出店しています。

重慶市両江新区進出の強みとしては、物流インフラの充実(高速道路、長江水運、国際空港、ヨーロッパまでつながる貨物鉄道が利用可能)、部材調達(古くから製造業が発展したため、品質の良い部材・資材の調達が比較的容易)、人材(専門学校が多く、技術を持った人材が育つ土壌がある)、エネルギーコスト(東部沿岸部に比べ、電力価格は2割、ガス価格は4割ほど安価である)、優遇政策(奨励類産業を中心に、企業所得税減税等の優遇政策が適用される)が挙げられます。

3.重慶両江新区三揮投資諮詢有限公司

重慶市両江新区の産業促進及び日系企業の進出のサポートを目的に、三井物産と日揮が重慶政府と協業し、2013年2月、重慶両江新区三揮投資諮詢有限公司を設立しました。重慶両江新区情報の提供、ご進出に際しての政府側との進出条件調整、投資許認可取得のサポート、重慶市関連部署のご紹介、供給元、施工業者、間接業務委託先等のご紹介、現地生活環境情報の提供等のサービスを無償にて提供致しております。

<本件に関するお問い合わせ先>

企業名重慶両江新区三揮投資諮詢有限公司所在地重慶両江新区金渝大道85号汉国中心B座605電話電話:+86-23-6308-8578-801

E-mail:[email protected]

担当総経理 佐々木正俊、副総経理 李宝禄(中国語・日本語)