活動報告(2015年度)

10.2015年度定時総会開催報告 2016年05月27日

2016年5月14日(土)に2015年度定時総会を開催致しましたので結果をご報告致します。
■議 案
<2015年度報告>
(1)活動報告
(2)会計監査報告
■決議議案
(1)2016年度役員選出
(2)定款等改訂
(3)2016年度活動計画・予算案
■結 果
全決議議案につき全会一致で承認
総会決議により定款等が一部改訂されました。ホームページに改訂後の定款を掲載しておりますので、ご参照いただきますようお願い致します。

9.2015年度第7回定例役員会開催報告 2016年05月27日

5月6日に2015年度第7回定例役員会を開催いたしました。
■出席者:会長、副会長(6名)、委員1名、陪席者3名
■議 題
(1)【報告1】第7回総務渉外委員会開催報告
(2)【報告2】会計報告
■結 果
(1)(2)は報告事項につき決議事項なし

8.2015年度第6回定例役員会開催報告 2016年05月27日

3月18日に2015年度第6回定例役員会を開催いたしました。
■出席者:会長、副会長(7名)、委員1名
■議 題
(1)【報告1】第6回総務渉外委員会開催報告
(2)【報告2】HPアップデート/会計報告/会員状況
(3)【報告3】補習校アンケート
■結 果
(1)(2)(3)は報告事項につき決議事項なし

7.『日本語補習校に関する事前アンケート』結果 2016年05月27日

2016年2月に行いました重慶日本語補習校に関する事前アンケートについて以下の通り結果のご報告を致します。(回答数:40名(世帯))
【重慶日本クラブの方針】
重慶日本クラブでは2014年に補習校に関するアンケートを実施した結果、対象生徒数が少なく補習校の運営が成り立つ要件を満たすことが困難と判断し、設立は見送りとなりました。
(詳細は、こちらをご参照ください)
今回のアンケート結果でも、残念ながら補習校設立の要件を満たすことは困難と判断せざるを得ない結果となりました。
しかしながら、補習校設立を希望されるご意見も多数寄せられておりますので引き続き補習校設立に向けた調査は継続していく方針です。

問1:現在のご赴任の形態

単身赴任:31世帯
家族帯同:9世帯

問2:現在就学年齢(小学生または中学生)の子供

いない:33世帯
いる:7世帯(うち重慶在住は4世帯)

問3:問2で「いる」と回答された方のお子様の学年

■家族帯同
小学1年:1名
小学3年:2名
小学6年:1名
中学1年:1名   合計: 5名

■単身赴任
小学2年:3名
小学4年:1名
小学5年:1名
中学3年:1名   合計: 6名

問4、問5:将来就学予定の子供の人数(問4)と就学年齢に達する年数(問5)

■家族帯同
いない:5世帯
いる:4世帯 →(1年後) 2世帯
(2年後) 1世帯
(3年後) 1世帯

■単身赴任
いない:29世帯
いる:2世帯 →(1年後)   1世帯
(3年以上) 1世帯

問6:(省略)
問7:補習校入学希望

ある:5世帯 → 家族帯同では4世帯
ない:3世帯 → 家族帯同では1世帯
無回答:32世帯

問8:補習校希望曜日(複数回答可)

土曜午前:3世帯
日曜午後:2世帯
土曜午後:1世帯
日曜午前:1世帯

問9:補習校希望地

江北区:2世帯
渝中区:2世帯

問10:学習希望内容

国語(日本語の読み書き)、歴史

問11:その他希望内容

道徳

問12:保護者のサポート可否

可:3世帯
不可:1世帯
無回答:1世帯

問13:サポートの内容

子供の送迎

問14:その他の自由意見

●企業としては、駐在のしやすさを向上していただけると人選の幅が広がります。日本語の補修校の整備もその一つと思いますので是非設置の検討をお願いしたいと考えます。環境が整えば進出企業も増えてくるのではないでしょうか?
●現状では、御家族含めた帯同は厳しい環境です。将来のこと考えた時、日本語補習校は必要と考えます。
●在住児童の教育環境に有利、不利がないことを願っております。
●以前、駐在していたときは、子供が補習校へ通っていました。家族、本人とも非常によかったです。
●特にありませんが、下記の条件が揃うように関係者の機運が盛り上がる必要があると思います。
1.日系進出企業の増加、及びこれに伴う対象児童を持つ出向者の増加
2.重慶市全体として、家族帯同出向者が歓迎される環境作りとアピール
3.出向元親会社の家族帯同を勧める施策(補習校開設への寄付、補習校授業料への補助、家族移動手段(自家用車)への補助等)の充実
4.補習校のコストパフォーマンスの確保とアピール
●グローバルな人材が育つ様、英語中心の教育を期待します。また、日本と中国(及び西洋)の文化について、違いがあることも知ってもらうと良い。日本の常識は、通用せず!
●対象となる方々の規模によって、ニーズと内容は決まると思います。
●重慶に進出する日系企業の駐在員も増加していることを考慮すると補助校を開設することは望ましいと判断する。しかしながら、希望者有無や補助校の運営等(企業の負担)に関し理解できていない現状では慎重な判断が必要と考えます。
●難しい問題だと思いますが、設立される事を望みます。

6.2015年度第5回定例役員会開催報告 2016年02月03日

1月12日に2015年度第5回定例役員会を開催いたしました。
■出席者:会長、副会長(5名)、委員(1名)
■議 題
(1)【報告1】第5回総務渉外委員会開催報告
(2)【報告2】会計報告
(3)【報告3】忘年会実施報告
■結 果
(1)(2)(3)は報告事項につき決議事項なし
2016年度総会は5月14日(土)に開催されることが決定しました。
詳細は改めてメルマガでお知らせいたします。

5.2015年度第4回定例役員会開催報告 2015年11月13日

11月3日に2015年度第4回定例役員会を開催致しました。
■出席者:会長、副会長(7名)、代理出席1名、委員1名
■議 題
(1)【報告1】第4回総務渉外委員会開催報告
(2)【報告2】会計報告
(3)【報告3】文化交流委員会打合開催報告(忘年会関連)
■結 果
(1)(2)は報告事項につき決議事項なし
2015年度忘年会は12月20日(日)に万友康年ホテルにて開催されることが決定しました。詳細は改めてメルマガ、ホームページでお知らせ致しますので是非ともご出席賜りますようお願い申し上げます。

4.2015年度第3回定例役員会開催報告 2015年10月16日

9月8日に2015年度第3回定例役員会を開催致しました。
■出席者:会長、副会長(6名)、委員(1名)
■議 題
(1)【報告1】第3回総務渉外委員会開催報告
(2)【報告2】会計報告
(3)【決議】会員定義、会費規定、入会手続き等について
■結 果
(1)(2)は報告事項につき決議事項なし
なお、次回総会での承認を前提に、新年度の会費納入期限を6月末に変更することを予定しております。これは会員数の増加に伴う会費受入れ事務の負担軽減を目的としたものですので、会員の皆様のご理解とご協力をお願い致します。

3.2015年度第2回定例役員会開催報告 2015年08月04日

7月3日に2015年度第2回定例役員会を開催致しました。
■出席者:会長、副会長(6名)、委員(1名)
■議 題
(1)【報告1】第2回総務渉外委員会開催報告
(2)【報告2】会計報告
(3)【決議】新規会員入会
■結 果
(1)(2)は報告事項につき決議事項なし
(3)新規会員入会を全会一致で承認

2.2015年度第1回定例役員会開催報告 2015年05月14日

5月5日に2015年度第1回定例役員会を開催致しました。
■出席者:会長、副会長(9名)、委員(1名)
■議 題
(1)【報告1】総務渉外委員会分掌等の件
(2)【報告2】第1回総務渉外委員会開催報告
(3)【決議】補習校アンケートの件
(4)【報告】会計報告
■結 果
(1)(2)(4)は報告事項につき決議事項なし
(3)今年度についてもアンケート実施の予定

1.2014年度定時総会開催報告 2015年04月04日

2015年3月28日に2014年度定時総会を開催致しましたので結果を報告致します。
■議 案
<2014年度報告>
(1)活動報告
(2)会計監査報告
■決議議案
(1)2015年度役員選出
(2)定款改訂
(3)2015年度活動計画・予算案
■結 果
全決議議案につき全会一致で承認。
尚、総会結果に基づき組織図・定款等の他ホームページ関係箇所を修正するとともに、実務面の変更点は別途会員の皆様宛にメールマガジン等を通じて連絡予定です。