一時帰国中(予定)のお子様の健康面,就学等について

○中国から一時帰国中又は一時帰国を予定しているお子様の保護者の皆様におかれては,文部科学省から以下の案内が出ていますので,ご参考にして下さい。
○お子様の健康面について,湖北省及び浙江省を除く中国から帰国し、湖北省及び浙江省在住の方と接触がないお子様で帰国後2週間の間に発熱や呼吸器症状が出た場合には、速やかに近くの医療機関を受診してください。
○お子様の一時帰国中の就学について,日本の公立学校に転入学を希望される場合には,市区町村教育委員会にご相談ください。
○就学等に関するお問い合わせ窓口を,公益財団法人海外子女教育振興財団に設置しております。

【本文】
1.お子様の健康面について
(1)湖北省若しくは浙江省から帰国又は湖北省若しくは浙江省在住の方と接触があったお子様で帰国後2週間の間に発熱や呼吸器症状が出た場合には、速やかに最寄りの「帰国者・接触者相談センター」に相談してください。また、現に症状がない場合でも、特に帰国後2週間は、外出を控え、自宅に滞在するとともに,厳重な健康観察を行ってください。
【新型コロナウイルスに関する帰国者・接触者相談センター(令和2年2月13日時点)】

(2)湖北省及び浙江省を除く中国から帰国し、湖北省及び浙江省在住の方と接触がないお子様で帰国後2週間の間に発熱や呼吸器症状が出た場合には、速やかに近くの医療機関を受診してください。また、現に症状がない場合でも、特に帰国後2週間は厳重な健康観察を行ってください。

2.お子様の一時帰国中の就学について
 中国において現に通学している学校の休校期間が長引くなどにより、日本の公立学校に転入学を希望される場合もあるかと思います。その場合は、日本でのご住所の地域を担当する市区町村教育委員会にご相談下さい。文部科学省から、教育委員会に対しては、中国からの一時帰国中のお子様であっても、就学の機会が確保されるよう通知し、柔軟な対応をお願いしています。なお、市区町村教育委員会から、個別の状況を総合的に判断の上、帰国後2週間程度の期間は自宅に滞在するようお願いする場合もあり得ます。ご理解のほどお願いいたします。
※国立・私立学校に転入等をご希望される場合は、保護者の方から学校に直接ご連絡・ご相談願います。

3.お問い合わせ窓口について
中国からの帰国に伴う国内での就学等に関するお問い合わせ窓口を、公益財団法人海外子女教育振興財団に設置しておりますので、下記連絡先までお問い合わせください。
【公益財団法人 海外子女教育振興財団 お問い合わせ窓口】
受付時間:月〜金(土日祝を除く)10:00〜17:00
専用ダイヤル 電話番号(海外から)+81−3−4330−1351
  (日本国内から)03−4330−1351

【ご参考】
○文部科学省ホームページ
 中国から一時帰国中又は一時帰国を予定しているお子様の保護者の皆様へ
 https://www.mext.go.jp/content/20200218-mxt_kouhou01-000004520_1.pdf

【お問い合わせ先】
 在重慶日本国総領事館
 住所:重慶市渝中区民族路188号環球金融中心42階
 TEL:023-6373-3585
 ※在重慶日本総領事館のホームページでは,新型コロナウイルス関連情報をまとめて掲載していますので,併せご参照ください。
  HP:https://www.chongqing.cn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/influenzalist.html
(担当:中野 TEL:139-9615-5711 E-mail: [email protected]