PCR検査の病院での実施実例

重慶日本商工クラブ会員様からの情報提供です

1、PCR検査対象者

渝中区に隔離中の外国人(対象国:コロナウィルスがひどい地方から戻った人は全て対象になる)

2、PCR検査回数と検査実施場所

必ず2回PCRの検査を受けます、やらないと隔離解除の証明が出せず。PCR試験は指定病院(中医学整骨科病院)で実施します。例え自分たちが在住しているホテルでの検査実施を要請しましたが叶わず指定病院となります。

3、下記通達概要です。

①韓国/日本/イタリア/イランから戻った者、外国人でも中国人でも同様で一律に入国後2回PCR検査を受けなければならない。無症状感染者を防止する為です。この規制は市政府から指示です。

②世紀同辉酒店は集中隔離場所として営業停止し閉鎖されていますが部屋に行くことはできます。

③PCR検査の指定病院では防護服、防護眼鏡を提供、優先通道を作って行くことが可能です。

④PCR検査は一人ずつ一つの部屋で受け鼻の粘液を取るだけ、検査時間は2-3分です。

⑤PCR検査は2回を受けないと「隔離解除通知書」を発行しません。

⑥病院ではなく、在住ホテルでのPCR検査について

今日街道弁公室と市外事弁公室に交渉しました結果は、ホテルの部屋に採取に来ることができません。

⑦指定病院でのPCR検査の実施理由

●採取は医学要求があり、普通ホテルでは満足できない。

●採取する医者が専用な装備を着る必要、着たままホテルに入ると他のお客様に恐慌を与えて、ホテルの正常営業を悪い影響を与える可能性があるため検査を行う病院を指定する

●(最重要の理由)中国政府の方針は国籍を問わず、中国人でもどの国の方でも同等で対応で特別対応はしません。

⑧検査実施状況

●病院との往復は病院のスタッフが引率します。病院は一般診療の隣の入り口から二階に上がり二人のスタッフが検査します。

●部屋は一つで順番に診療しますので、次の人は病院の外(歩道)で待つことになります。

●検査前にローマ字名、何処から重慶に来たか聞かれます。

●インフルエンザの検査と同じ、鼻の穴に綿棒を入れます(両方です)。

⑨検査結果は問題があれば連絡するとのことでした。